ネット検索してるのは自分自身

こんにちは。

 

ご覧頂きありがとうございます。

 

滅多にあることではないですが、

記事の内容に対しクレーム的な

コメントを頂くことも稀にあります。

 

それも客観的に自分自身を

見つめるキッカケにさせて頂きますし、

余程酷い内容でない限りは

コメントも返すことはあります。

 

 

ただし

 

あまり連日続くようなことがあれば

やっぱり人間ですのでムカつくし、

平常を保つためにも一切言葉として

外には出してきませんでしたが…

 

 

それもヤメにします。

 

あまりこんな説教臭いこと

書きたいとも思わないですが、

 

ちょっと冷静に考えて頂きたいのは

インターネットで検索をかけて

ブログや記事を探すという行為は

誰がやってる行動ですか?

 

ということですよね。

 

他でもない

自分自身の意思でやってること

 

のはず

 

 

誰かに依頼されて無理に

見せられてるわけじゃないですよね。

 

情報を受け取るという意味では

受動側ですが、検索して

自分から見に行ってるわけです。

 

ヤフーのニュースのコメントなどでも

「この記事を読んで

不快な思いをさせられた」と

いちいちコメントする人も見ますが、

 

それを見るたびに

 

「いやいや、自分で勝手に興味本意で

覗きに行っとるだけやろ!」

 

正直こうとしか思えないし、

 

そんな被害者意識の人に対しては

同情する余地もありません。

 

無料で勝手に見てるわけですから。

 

迷惑メールとして

相手側から送られてきて

攻撃されたわけでもないはず。

 

自分から勝手に覗きに来た結果

自分で不快になってるだけ。

 

誰のせいでもない。

 

全ては自己責任。

 

 

厳しい意見にはなりますが、

 

被害者意識になってる人は

自分自身の意思で検索して見てる

自覚や責任を一切感じません。

 

このブログの記事にしてもそう。

 

自分自身でサーチエンジン

興味のあるワードを打って

検索しようとしない限りは

ここに辿り着くわけないですよね?

 

このブログは人間・恋愛関連の

コンテンツが多めに入っているので、

恋愛や人間関係に対して興味が

ない人が来るわけがないんですよ。

 

人間の脳機能の特性上、

興味がない物事に関しては

思いつくはずもないし、

 

検索しようともしないからです。

 

そう考えると、

めちゃくちゃですよね。

 

 

自分で勝手に情報をタダ見しといて

怒ったり不快な思いをしたと

言い掛かりをつけるというのは

普通の人は理不尽な印象を受けます。

 

 

ネットのせい。

 

人のせい。

 

記事のせい。

 

ライターのせい。

 

 

 

誰かのせいで不快な思いをした。

 

誰かのせいという客マインドで

被害者意識癖が付いている場合、

自分自身の感情に対して次第に

コントロール権を失います。

 

「店長呼んでこい!」と

お店に言い掛かりつける人、

たまにいると思いますが、

 

正直

 

ウザくないですか?

 

口は悪いですが誰が見ても

カッコ悪いし、ちっぽけだし、

「めんどクセー」人だと思います。

 

一見強気に見せていても

実は他人任せで独りよがりで

かなりの依存マインドです。

 

おそらく誰かからやられた方は

経験あるとは思いますが、

 

「お前のせい」と言う人とは

絶対一緒にはいたくないし、

離れたくなりますよね?

 

それはあなたの思考や行動を

思い通りにコントロールしようと

している人に心地悪さを

感じてしまうからです。

 

これはネットでのクレーマーや

批判の書き込みにしても同じこと。

 

コントロール権のない他人を

コントロールしたくなって

それが思い通りにならなくて

駄々をこねて悪い気分に

自分でなってるんですよ。

 

 

無料で見せてもらってることを忘れ、

匿名だから好き勝手コメントしてると

いずれリアルの人間関係においても

態度が無意識に現れていきます。

 

そうするといつの間にか

「あの人最悪よね〜」

「それわかる〜」と

文句やクレームを楽しむ人同士で

つるみ始めます。

 

人間関係の特性上、同じ思考レベルの

人同士でしか一緒にはなれませんし、

影響を受けることができません。

 

そうなると、

 

自分から良い人ばかり離れて、

不幸になってしまうのは結局は

自分自身ですよね…

 

奪い合いをするパターンになり、

そこからさらに被害者意識に陥り、

何も良いことは起こらないです。

 

困っていることや悩みがあるなら

協力できることは

協力させて頂きます。

 

ただ…

 

自分から記事を読みに来ておいて

イチャモンだけつけて去るのは

勘弁して頂きたい。

 

人のご機嫌取りをするために

書いているわけではないですから。

 

 

嫌であれば、見ないという

選択をすればいいだけの話。

 

自分に合わない内容なら

途中で読むのを

切り上げることもできます。

 

選択権を持たされてない子供でなく

自身の責任で選択できる大人なら

人のせいにすることではないです。

 

人にクレームつける暇があるなら

自分自身でもっと有益なものを

作り出す方向にエネルギーを

使った方が人のためになります。

 

僕だけに限らず、

 

何かの情報を発信してくれる人は

どこかで困ってる人のことを考えて

善良な思いからやってくれている

人がほとんどだと思います。

 

そんな背景を考えてみれば、

解釈の方向性は変わると思うし、

 

たとえ自分の考えや信念にそぐわない

内容であったとしても、

 

誰かのためを思ってやってくれている

人の気持ちを考えてみれば自然と

感謝の気持ちも湧いてくると思います。

 

 

これも一つの思考の習慣。

 

自分自身が人から与えられてきた

事実に目を向けられた方がきっと

充実する瞬間が増えていくはずです。