読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏に聞けないオトコゴコロの本当の秘密

女性の人間関係のお手伝いをする心理学研究室

コートの歴史

ファッション

私の性格は一度ハマってしまうと

どっぷりと浸かってしまう

クセが昔からありました。

 

服(ファッション)に関しても

一度疑問をもったらトコトン

調べ尽くします。

 

たとえば、

ここ2年ほど流行になっている

チェスターフィールドコートやMA-1

 

もはや流行というより

定番化している

ピーコート、ダッフルコート

M-51(モッズコート)、M-65

 

アイテムを手に入れる度に

それが作られた歴史を

調べないと気が済まなくなるんです。

 

だから

オシャレでも何でもなくて

単なるマニア気質なだけ

なんじゃないかなと思っています。

 

ただ、

服の歴史を見ていると面白いし

「この服ってこんな歴史があったんだ」

と愛着が湧いてくるんです。

 

女性の間で流行になってる

ほとんどのものは元々

男性の軍服から由来しているものが

実は多かったりします。

 

MA-1、M-51、M-65、N3-Bなどは

もう見るからにミリタリーですが、

 

一見上品そうに見える

ピーコート、ダッフルコート、トレンチコート

などほとんどのコートは

海軍、陸軍、空軍で使われていたことが

起源になっていたりします。

 

だから実は

オシャレの最先端を

走っていたのは

軍人さんたちなんですね。

 

そう思うと興味が湧いてきて

心がくすぐられるものがあります。

 

たとえば

ピーコートのPEAって何?

というのが気になって

仕方なかったりしていました。

 

PEAは『水先案内人の服地』を意味する

オランダ語の略語Pjjが変化したもの

らしいです。

 

その名が示す通り18世紀中盤以降

ヨーロッパ各国やアメリカの海軍水兵や

船乗りに愛用されていました。

 

船乗りが寒さを防ぐためのコート

というだけあって防寒性に優れていて

私はけっこう好んで愛用しています。

 

もう写真のものは8年以上愛用してますが、

まったく生地は恐ろしく頑強でヘタレず

現役で活躍中です。

 

f:id:otokonokokoro:20161214223832j:plain

ダブルブレストなので風は通さないし

大きめの襟を立てたら、

本当にマフラー要らずで防寒できるんで

横着な私にはうってつけなんです。

 

ちなみに・・・

ピーコートのダブルブレストが

紳士服のブレザーの起源に

なっていたりします。

 

ピーコートとは逆に

購入して「失敗したな」と

思ったのが

チェスターコートです。

f:id:otokonokokoro:20161214223754j:plain

 

形は上品で綺麗なんですけどね・・・。

 

とにかく

首元が寒くて仕方がないんです。

 

やっぱり歴史的に見ても

チェスターフィールド伯爵が

オシャレのトレンドを広げたことが

起源になっているんで・・・

 

機能の高さというよりも

ファーマルな見せ方に特化した

印象ですね。

 

礼服としては良いですが、

厳しい冬場をしのぐ普段使いとしては

ちょっと使いにくいなと

思いました。

 

こういう歴史の話はあまり皆と合わない

というか反応が微妙なんですけど・・・

 

やっぱり起源や基本は

知れば知るほど興味が湧いて

自然とセンスが身に付いた

実感があります。

 

女性のファッションは

正直わかりませんが・・・

 

男性の場合は基礎をしっかり

おさえておくと

多少モード系の一風変わったモノを入れても

不思議と安定感が出てきます。

 

シンプルでありながらも

洗練された雰囲気を作るのは

やっぱり原点ですね。