罪悪感から解放される時

『罪悪感』

 

たった漢字3文字ですが、

これを言葉で説明しろと言われても

なかなか難しいかもしれません。

 

ウィキペディアで調べてみると

「罪を犯した、悪いことをした、

と思う気持ちである」

と書かれています。

 

ただ、

世間的に悪いことをしてなくても

罪悪感という感情は

生まれてしまうんです。

 

人って色んな一面がありますが・・・

 

自分の好きな部分しか受け入れられず

自分の醜い部分を受け入れられない。

 

「こんなの私じゃない」

「こんな私許せない」

 

ほとんどの人は深層心理に

感じてしまう部分ではあるんですが、

その感情が罪悪感になります。

 

 

逆に言えば、

自分の嫌な部分を受け入れられている人

「これも俺なんだ」「これも私なんだ」

「そんなところも好き♪」

 

と思えている人は

罪悪感に苛まされることが

少ないです。

 

ではどうやったら罪悪感から

開放されるのか?

 

まずは

自分の中にある罪悪感という

感情の存在に気づくことです。

 

罪悪感に捉われやすい状態は

自分を自分目線でしか見てないときに

起こりやすいんです。

 

つまり、

自分を客観視できず、

他の人の気持ちが

見えてないときです。

 

ようするに

ナルシストですよね。

 

たとえば、

今あなたの自分で嫌な部分は、

他の人から見ても

嫌だと思われてますか?

 

おそらく、ほとんどの人が

「Yes」と答えるかもしれません。

 

ですが、

これを逆の立場で見たら

どうでしょうか?

 

たとえば、よくあるのが

そこそこスリムな女性が

「私太ってるから・・・」

と自己卑下する人を見かけます。

 

客観的に見て

「十分痩せてるけど何が不満なの?」

と思うことありませんか?

 

要はこれと同じで

自分だけが許せていない状態

というのも結構あるんです。

 

ナルシストの人は

自分の好きな部分だけしか

愛せない状態にあると思います。

 

でも、

 

残念ながらそういった人は

空回りしやすいです。

 

周りから見ると

どこか息苦しさを感じてしまうし、

人物像を固定化されやすいので、

人間的魅力が伝わりにくいんです。

 

ここがポイントでもあるんですが、

 

人は人のいろんな(意外な)

一面を見たいという感情があります。

 

たとえば、

「この人、いつも怖そうだけど

かわいい部分とかあるのかな~」

とか興味もつこともあると思うんです。

 

そして、実際新しい一面を見たら

安心したり、親近感が湧いたり、

今まで以上に魅力的に感じたり、

 

イメージとは違った

別の一面を知れたときに

その人の魅力に気づけて

その人にもっと興味を持てるんです。

 

f:id:otokonokokoro:20161128221558j:plain

つい惹かれる人、どこか魅力的な人、

今まで人を引きつけるチカラのある人を

色々見てきたんですけど

共通している特徴があります。

 

『自分のことが好き』

なんです。

 

良い部分だけじゃなくて

自分の全部ですよね。

 

『甘えん坊の自分』『ワガママな自分』

『やかましい自分』『能天気な自分』

『せこい自分』『カッコつけたがる自分』

 

世間体からすれば評価が落ちそうな部分も

「これも自分だから」と

素直に受け入れてるんです。

 

自分を否定もしないし、

無理に変えようとも思わない。

 

「だってこれも俺だし」

と受け入れているので

ダサいこともネタにして話せるし、

そこに罪悪感がないから自然だし、

常にオープンなんですよね。

 

罪悪感の正体は

受け入れられない

自分自身なんです。

 

そして、

 

私もそうだったのですが、

罪悪感に苦しんでいるときは

感情としての認識がないんです。

 

「こういう自分はイヤ!」

という感情は発生しているんですが

それそのものには

気づいていないんです。

 

でも、

「ああ・・・そうか、俺は

こんな自分を嫌がっていたのか。」

 

そう認識したときにそういった感情は

消えていったんです。

 

人は認識できたときに

感情への執着が消えて

管理できるようになります。

 

たとえば、

「悲しい」という感情もそうですが

「悲しい」とわかってないときが

一番悲しいんです。

 

涙を流した途端、

「あれ?私何で泣いてるんだろう?」

「そっか、悲しんでいるのか。私」

 

涙が出たことで平静を取り戻した

という経験はありませんか?

 

感情に気づけると

コントロールがきくように

なります。

 

「~してはならない。」

「~しなくてはならない。」

「~であるべきだ。」

 

自分の固定観念から外れて

受け入れられていないとき

そして、それに気づけてない時

罪悪感に捉われてしまいます。

 

まずは、それに気づくことが

一番のキーになってきます。

 

ここから、自分を罪悪感から

開放するためのステップを

お伝えします。

 

 

ステップ1

「こんな私は嫌だ」と

許せていない罪悪感を認識すること。

 

ステップ2

感じる罪悪感に対して勝手に

「こうあるべき」「ならない」

と決めつけていることが何かを

知ること。

 

ステップ3

それは自分が本当に思ってることか?

他人から植えつけられたものなのか?

を見分けること。

 

ここまで見ていくと

意外にも他人の価値観で

生きている自分に気づけたりします。

 

たとえば、容姿などで言えば

「ウエスト59cmが理想」とか

「体重45kgがモテ体型」とか

 

この例はあまりにもありがちな

簡単な例ですが・・・

もっとわかりづらいものは

たくさんあります。

 

とにかく、

ステップ1の罪悪感に気づくことは

罪悪感から解放するには

必要なことですので

是非試していただけたらと思います。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

-----------------------------------------------------------

悩み、知りたいテーマ、相談など

どんな些細なことでも

コメント頂けたらとうれしく思います。

 

深刻な悩みの場合は下記アドレスまで

ご連絡頂ければと思います。

destinyforever.t.n@gmail.com

-----------------------------------------------------------

 下記は私が実際に学んだ教材ですので

是非ご覧頂けたらと思います。

 

心から分かり合える人間関係構築法

Next Communication Secret

 

 

97%の眠った脳機能を引き出す方法↓

潜在意識活用マニュアル(Potencial Secret)〜最短最速で潜在意識を書き換え、お金、恋愛、ダイエットを引き寄せる方法〜

 

異性関係に特化したコミュニケーション術