14日間で起こったコミュニケーションの変化

f:id:otokonokokoro:20161118214457j:plain


コミュニケーションメソッドを

学び始めた14日後・・・

 

わずか2週間ほどで感じた変化ですが、

本当に日々おもしろいように

人の見え方が変化した感動は

今でも覚えています。

 

今までに感じたことがないほど

人に対してセンサーが敏感に働き、

 

1日1日変化を感じる日々が

半年以上続きました。

 

 

自分の思考や行動がただ変わった

というわけでもなく、

 周りの人からの反応も変化し、

孤独感、迷い、不安が消えて、

 

日々自分を信じて、安心して

生きられるようになりました。

 

家族関係についても

自分自身のマインドの変化によって

家族全体の雰囲気は日々

変わっていきました。
 

コミュニケーションは

本当にわずかな違いが

大きな変化を生むのですが・・・

 

ほんのちょっとのことが

なかなかできなかったんです。

 

それは教育で身に付いた

神話(思い込み)のブレーキ

遠慮や迷惑など目に見えない恐怖

自分自身のプライド(自我)

 

そういったものが邪魔をして

行動を変えられなかったんです。

 

どんなに本で良い知識や

言葉などを取り入れても

変われなかった原因はここに

あります。

 

そう・・・

 

どんなにいい知識や思考法も

インプットしただけでは

それはまだ他人のものでしか

ないんです。

 

行動や思考を生み出す

感情から変わらなければ

現実は変わらない。

 

今まであった経験があったから

尚更それを深く痛感しました。

 

本当に冗談でも何でもなく

どれだけ今まで薄っぺらな

コミュニケーションをしてきたか・・・

 

人間関係の根本的な価値観から

変えられました。

 

「相手の話を100%聞く。」

「感情を共有する。」

「人を理解する。」

 

当たり前すぎる言葉かもしれませんが、

昔の私は1つもやっていなかったんです。

 

それはなぜなのか?

 

それを考えた時に

それをすることの重要性や価値に

気づけていなかったからです。

 

たとえば、

 

スポーツで皆嫌がるのは基礎練ですが、

なぜ基礎をすっ飛ばして

派手な練習をやりたがるのかというと

基礎で得られる価値が見えてないからです。

 

しかし、

基礎練を自分から進んで取り組む人は

それによって得られる価値の高さを

わかってるからこそやるんです。

 

 私自身もこれと同じで

行動の価値に気づかせてもらったからこそ

取り組めるようになったんです。

 

ただ、今でも挫折することなく

続けられたのは

楽しく学ぶことができたからだと

個人的には思っています。

 

どんなに大切なことであっても

そこに辛さを感じてしまったら

そもそも続かないからです。

 

そういった意味では

このコミュニケーションメソッドとの出会いは

幸運だったと思っています。

 

 

話は変わりますが・・・

 

私自身、『感情共有』以外で

実は大きな課題に

なっていたものが

もう1つありました。

 

 

【感情の自己完結】

 

私自身がずっと苦戦してきたもの・・・

 

それは自分の感情を自分自身で

完結できなかったところに

ありました。

 

誰かに当たりちらしたり

したわけではないのですが・・・

 

逆に感情を外に出せず

自分の中で無理矢理押し込んで

我慢することを続けてきました。

 

 

『我慢するのが偉い。』

 

これも数々の教育の中で

自分自身思い込んでいたものですが、

 

これをやり続けてしまったことで

ある瞬間にプチッとキレてしまったり、

絶望感を味わされてしまったり、

 

挙句の果てには

「俺も我慢してるんだからお前も・・・」

そういった感情を他人に対しても

反射的に感じたりしていたのです。

 

しかし、

 

人との感情共有のスキルが

磨かれていく中で

どんどんと『我慢』する必要が

なくなっていったのです。

 

 

【我慢とは無縁の人間関係】

 

多くの人の我慢している部分に

気づくようになりました。

 

そこに目を向けられるようになったからこそ

私自身、人から本心を引き出し、

『我慢』から解放できるように

なりました。

 

本心を聞き出す。

本心を聞き入れる。

 

そして

相手を受け入れる。

 

 

今では多くの人が

こう言ってくれるようになりました。

 

「あなたに話してよかった。」

「おかげで救われたわ。」

 

自分を苦しみから解放するために

身に付けたスキルの数々は

いつしか大切な人たちを

救えるチカラに変わっていたのです。

 

そして、

心から繋がり合える関係を

作れるようになったことで

我慢する必要がなくなったのです。

 

人に与えたことは

何かの形で返ってくる。

 

「本当かな?」と思いながらも

よく聞かされた言葉ではありますが、

今はそれを日々実感しています。

 

 

 

 

人間関係の我慢から解放された手紙↓

Next Communication Secret