共に成長する喜び

対話への考えを改め始めたのは

今から1年半ほど前ですが・・・

 

それ以前の私は、

自分自身の成長だけしか

考えていませんでした。

 

誰よりも優れたい。

誰よりも上達したい。

誰よりも認められたい。

 

誰よりも・・・

誰よりも・・・

 

その思いが全面に出過ぎて

周りの人たちに

どこか息苦しい思いを

させてしまっていたと思います。

 

しかし、

 

自分自身との対話の中で

過去の自分を受け入れるようになって

ようやく目の前の人に対して

気持ちを向けられるようになりました。

 

今まで仲良くしてくれた人たちに

何か恩返しをしたい・・・。

 

そう思いました。

 

 

別に死ぬわけじゃないんですが(笑)

 

走馬灯のように

今まで楽しい気持ちをくれた人の

顔が思い浮かび、そういう気持ちに

なったのです。

 

 

家族、

小さな頃から仲良しの同級生、

学生の頃の友達、

趣味の仲間、

出会いの中で仲良くなった人たち、

 

 

その人たちに今の自分が

できることは何か?

 

それを考えた時に自然と

やるべきことが見えました。

 

ひたすら親身になって

話を聞くこと。

 

「仕事はどんな感じですか?」

「お子さんとは最近どうですか?」

「友達とは上手くいってる?」

「体の調子はどう?」

「奥さんとこの前ケンカしてたけど大丈夫?」

「最近、不安はない?」

 

以前聞いた話は何となく覚えていたので

その人が話したいテーマの話をふって

会話を引き出し話を聞く。

 

そうすると

相手も顔が生き生きしてくるんです。

 

「いや~それがね・・・」

「実は上手くいかなくて・・・」

「こうしたいと思うんだけど・・・」

 

誰かに打ち明けたかった気持ちが

伝わってくるんです。

 

「打ち明けたくても

打ち明けられなかったんだな。」

としみじみ思いました。

 

昔の自分ではこんなこと

感じることもできませんでした。

 

 

そして、話を聞けた後に

皆こう言ってくれました。

 

「話を聞いてくれてありがとう。

おかげで救われたよ。」

 

「新しい発見ができたよ!

本当にありがとう。」

 

中には感動して手を握ってくれる人も

いました。

 

格好悪いので平常を装っていましたが、

内心は涙が出そうでした。

 

「救われた」と言ってくれた人に

私自身が救われていたんです。

 

 

 

「こちらこそありがとう。」

 

心からそう思いました。

 

『巡礼の旅』

というわけではありませんが・・・

恩返しをしていきたい。

 

そう思って、今に至るわけです。

 

大切な人たちと共に

成長していきたい。

 

自分だけではなく、

大切な人たちに恩返しすることで

成長していきたい。

 

負の感情を

エネルギーにしてきた時とは違い

すごく心地良くエネルギーが

循環しているのを感じました。

 

自分を救うことから始まり、

家族、友人、出会った人たち

そして今・・・

 

恩返しの範囲を

徐々に広げてきました。

 

最近では相談メールで

感謝の気持ちや

あたたかいメッセージを

送ってくださる人もいます。

 

 

でも・・・

 

感謝の気持ちを伝えたいのは

私の方なのです。

 

誰も反応が無ければ

おそらくこうやって

メッセージを発信することも

続けられていないと思います。

 

読んでくださる方がいるからこそ

私もエネルギーをもらって

メッセージを書き続けることが

できるんです。

 

「本当にありがとう。」

 

顔は見えませんが、

私のメッセージを読んで下さる

あなたにも伝えたい気持ちです。