自己欺瞞の心理と心の成長

こんにちは。

ご覧頂きありがとうございます。

 

今回のテーマは

自分を騙す心理。

 

『自己欺瞞』と言いますが、

人は自分を欺く行為を

無意識の内にやっています。

 

それは私も同じで

今生きているこの瞬間に

自分を欺こうとしています。

 

私自身、

自己欺瞞の心理を知らないときは、

何度もこれに苦しめられてきました。

 

自己欺瞞は人間の本能でもあり

誰もが持っているものです。

 

自分を欺き、騙して、

自分の都合の良い現実しか

見ようとしない特性を

人間は持っています。

 

 

たとえば

 

1人の女性が目の前の男性を

チラッと見つめた

事実があるとします。

 

「目の前にいた男性を見た。」

 

これが事実です。

 

現実はその事実をその人自身の

フィルターを通して見たものです。

 

これは極端な例ですが、

 

「俺はモテる」と思っている男性なら

女性がチラッと見た行為を

「あの女俺に気があるのかな?」

と解釈します。

 

逆に

 

「俺はブサイクだ」と思っている男性なら

女性がチラッと見た行為を

「俺のブサイクな顔を笑ってるんだ」

と解釈してしまいます。

 

 

自分の期待に沿った現実しか

見せようとしない盲目状態。

 

それが自己欺瞞です。

 

 

この自己欺瞞には

3つの種類があります。

 

1:ゆがめる。

2:消去する。

3:一般化する。

 

1つずつ説明していきます。

 

【ゆがめる】

 

自分の都合が良いように

事実をゆがめて解釈する

行為です。

 

さっき例にも出てきた

女性が見た男性の解釈が

まさにそれです。

 

女性はただ「服にゴミが付いてる」

ことが気になっただけかもしれません。

 

それを「俺に気がある。」

「ブサイクだと思われてる。」

と思ってしまうのはその男性の

自分の都合による解釈です。

 

 

【消去する】

 

自分の期待に沿わない事実を

消去して

その事実を見えなくします。

 

 

さっきの男性の例を出すと・・・

 

「俺はブサイクと思われている」

と思い込んでいれば

それ以外は見えなくなります。

 

女性全員が俺をブサイクに思っている

としか見えなくなります。

 

だから目の前に

自分に好意を持ってる女性がいても

目に入らないのです。

 

気づけないのです。

無視してしまうんです。

 

目の前の起こっている事実に

気づくことができない。

 

これが『消去』の特徴で、

一番気づくのが難しくもあります。

 

 

【一般化する】

 

「みんなが言ってるから・・・」

「一般的に見て・・・」

というのが口癖の人は

『一般化』するのが癖になっています。

 

いわゆる集団心理でもあり、

その他大勢の意見や思考に

左右されてしまう状態です。

 

自分が「なんか違うかも…」と

違和感を感じていても

その他大勢の意見に同調してしまう。

 

その意見が正しいかどうかは関係なく

世間一般に多い意見に無理やり

マッチさせようとします。

 

 

ブランド品のバッグを例にすると

わかるかもしれません。

 

一流ブランドのバッグならば

原価数千円のビニールバッグでも

それなりに売れてしまいます。

 

買った後にどこか不満に思っても

「このブランドのバックだから

きっと高品質なビニールを使ってるのよ!」

と解釈しようとします。

 

一般化により事実を捻じ曲げ

自分を騙そうとする。

 

そして買った後しばらく使ってから

やっぱり買わなきゃよかったと

後悔してしまう。

 

これが

『一般化』の自己欺瞞です。

 

 

このように 、自己欺瞞は

自分をストレスから守るために

必要なときもあるのですが、

 

これに気づかないまま人生をやり過ごすと

自分が手に入れたい目標や夢に

いつまでもたどり着けない状態に

なります。

 

たとえば、女性で「きれいになりたい」

「ウエスト〇㎝細くしたい」と思っていても

何かと都合の良い言い訳を探して

食習慣や行動が同じままである。

 

これと似たような経験がある人も

多いかと思います。

 

次のステージに進みたいけど進めない。

 

そんな事態が延々と続いていきます。

 

そんな時は

自分を欺いていないか?

 

自分自身を振り返る習慣が

必要になってきます。

 

 

「自分の解釈で歪めてないかな?」

 

「自分の解釈で消去してないかな?」

 

「何でも一般化して素直な感情を

 押し殺してないかな?」

 

 

私自身、

うつ病になっていたときは

この自己欺瞞によって

自らの感情に嘘をつき、

欺いていました。

 

そして同じ感情や行動を

ぐるぐると繰り返していました。

 

この負の螺旋を断ち切れたのは

自分の素の感情を直視し、

見つめる意思が芽生えてからです。

 

 

自分の素直な感情なのか?

 

それとも

 

自己欺瞞で生じたものなのか?

 

 

それを区別する癖がついたときに

手に入れたい現実に

一歩ずつ近づけるはずです。

 

苦しいこともあるかもしれませんが、

一度自分の感情を素直に見てあげてください。

 

案外心地が良いものです。

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

-----------------------------------------------------------

悩み、知りたいテーマ、相談など

どんな些細なことでも

気軽に下記アドレスまで

ご連絡頂ければと思います。

destinyforever.t.n@gmail.com

-----------------------------------------------------------