感情的対話を忘れた現代人

「みんな私のことを無視するの…」

「誰も真剣に話を聞いてくれなくて…」

「会話に入れないんです。」

 

こういった悩みを聞く機会が

昔に比べて多くなりました。

 

今の時代背景を考えると

仕方がないところでも

あるんですが、

 

自分の感情を話せない人

深い人間関係を作れない人

多いと思うんです。

 

  

これは

日本人の特性でもあるんですが

 

上手くいくことに

こだわりすぎて

失敗することを

ひどく嫌うんです。

 

「こんなダサいのは私じゃない」

という感じで。

 

上手くいってる自分だけ

受け入れられて、

自分の欠点を許せない。

 

そんな状態になってるんです。

 

「でも、自分に厳しくするから

成長できるんじゃないですか?」

という意見もあると思います。

 

確かにそれも一理あります。

 

しかし、

私自身も昔そうだったから

わかるのですが・・・

 

自分の欠点を受け入れていないと

他の人に自分と同じ部分を

見てしまったときに

他人を許せなくなるんですよ。

 

これは私自身もブログで

何度か伝えてきましたが、

 

たとえば

 

あなた自身に遅刻癖があったとして

それで皆を待たせてしまった自分を

許せなかったとします。

 

もし、同じように遅刻して

待たせるような人が現れたとき

その人が平然としている姿を見たら

激しく怒りを感じてしまうんですよ。

 

「人を待たせて謝りもしないで

コイツ正気か!?」

と思って

その人を嫌いになるんですよ。

 

ちょっと例が極端かもしれませんが…

 

しかし、

遅刻するのを「まあ、いっか」

と寛容になれる人もいるんです。

 

この両者の違いが何かというと

自分の失敗や欠点を

『受け入れられているかどうか』

です。

 

 

それを受け入れられていないと

人から受け入れられないことに

恐怖を感じてしまうんです。

 

「嫌われたくない」

「迷惑をかけたくない」

 

反射的にそう思ってしまって

人生経験を積み重なるごとに

自分を許せなくなって

感情的コミュニケーションが

できなくなっていくんです。

 

その証拠に日本人は

他人のちょっと失敗しただけで

集中攻撃して吊るしあげて

批判しますよね。

 

『他人に迷惑をかけてはいけない』

という強烈すぎる洗脳で

皆が失敗を恐れて

ピリピリしているんです。

 

 

そして、もう1つの理由が

現代人ならではなんですが

自動化社会になってしまった

ことにあります。

 

マルチタスク

という言葉がありますが

それが癖になっているんです。

 

マルチタスクによって

目の前の人との会話を

100%楽しめていないんです。

 

たとえば

家族でご飯食べているときに

テレビを見ながら食べている

家庭が多いと思います。

 

場を和ませるという意味では

時には必要かもしれないんですが、

 

ただそれが習慣化してしまうと

会話の焦点が家族以外に

なってしまうんですよ。

 

「タレントの●●が不倫したらしいよ」

「あの芸人のギャグおもしろいな」

「内閣の支持率低下してるな」

「近くで誘拐事件あったらしいよ。」

 

こんな感じで

事件や時事ネタや芸能人など

家族と関係ない会話しか

しなくなるんです。

 

これは友達同士でも同じことで

目の前に友達がいるのに

 

スマホでゲームしたり

フェイスブックを見たり

LINEやっていたり

皆バラバラのことをしてるんです。

 

よくファミレスとかで見る

光景なんですが、

「この人たちは何で集まってんだろう?」

と思うときがあります。

 

そんなこと別に1人の時間でも

できますよね。

 

全然、目の前の人との時間を

楽しんでいないんです。

 

子供がいる人はわかると思いますが

ゲームに集中している子供には

言葉が聞こえてないんですよ。

 

親「宿題やったのか?」

子供「は~い・・・」

親「返事はいいけど本当にやったのか?」

子供「は~い・・・」

 

返事だけで全然やってなかったり

しますよね。

 

極端な話、大人も

これと同じことをしてるんです。

 

これが現代人の人間関係で

感情を満たせない

一番の原因なんです。

 

「誰も自分に注目してくれない。」

皆そんな気持ちになってるんです。

 

ここまで

ネガティブな話ばかりでしたが、

これは

かなりチャンスでもあるんです。

 

なぜかというと

人の話を真剣に聞けない人ばかり

ということは

 

人の話を全力で聞くだけで

多くの人にとって

価値が高い人間になれるからです。

 

 

当たり前かもしれませんが

人は自分に注目してくれると

うれしいんです。

 

人間の感情には返報性があるので

心地良い時間を与えてくれた人には

お返ししたくなるものなんです。

 

『相手の目を見て全力で話を聞くこと』

 

しつこいかもしれませんが

もっともシンプルで即効性がある

『最強のコミュニケーション』

だと思っています。

 

今回は特にオチはないんですが、

今回の話を整理すると

 

・欠点も含めて色んな自分を

受け入れて好きになること。

 

・目の前の相手の目を見て

真剣に話を聞くこと。

 

私の経験談ではありますが

自分を受け入れられると

色んな人の話が

耳に入ってくるようになります。

 

長所は才能になりますが

欠点を受け入れると

その人の魅力に変わっていきます。

 

色んな自分を

好きになってください。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

-----------------------------------------------------------

相談窓口です。

悩み、知りたいテーマ、相談など

どんな些細なことでも

気軽に下記アドレスまで

ご連絡頂ければと思います。

destinyforever.t.n@gmail.com

-----------------------------------------------------------

www.infotop.jp

[http:// :title]