独身か?結婚か?

日本では晩婚化傾向にあるのは

ご存知だと思いますが、

 

そうなる一番の理由としては

「今すぐやる理由が見当たらない」

というのが正直なところだと思います。

 

そもそも人間は

生物としてなぜ生きているのか?

 

生命の根源を考えたときに

子孫を残しDNAを繋ぐのを目的で

人間は生きているんです。

 

そしてその本能が

オスとメスを繋ぐんです。

 

平均年齢30歳以下の時代ならば

飢餓とか災害とか病気とか戦争など

生命を脅かす共通の敵がいました。

 

だから種を残したい本能が発動して

出会いなんか求めなくても

男女は勝手にくっついていたんです。

 

生命が脅かされると

出生率は上がるんです。

 

実際に

東日本大震災が起こった後、

結婚率や出生率が増加した

データが出ています。

 

このように昔は恋愛を成就させる

本能の後押しがあったんですが

今はそれがないですよね。

 

 

良いことですが、

今の時代は

生命を脅かす恐怖がないんです。

 

だから

「まだ大丈夫だよ」と

DNAを結び付ける本能が

おやすみ状態になっているんです。

 

f:id:otokonokokoro:20160922214628j:plain

その代わりに

男女が繋がれない別の恐怖

多くの人の心に生まれているんです。

 

今回のテーマは『恐怖』です。

 

独身女性・・・その中でも

 

恋人と付き合う機会がない

女性から話を聞いていると

それぞれ環境は違うんですが

発言は皆似たり寄ったりです。

 

私自身もよく言っていた言葉でも

あるんですけど・・・

 

「良い人に出会いたいけど

 今は別にいい」

 

今はいい。

 

でも潜在意識ではどこかで

自分を受け入れてくれる異性は

欲しいと思っている・・・。

 

そんな状態なんです。

 

では

 

「今は別にいい…」

そう思っている原因は何なのか?

 

それを掘り下げて聞いていくと

その根本には必ず

『恐怖』があるんですね。

 

これは恋愛に限らず

どんなことでも、

人が行動を起こせない根本には

『恐怖』の存在が必ずあるんです。

 

「よし!今から出会いを探そう」

「気になる人に声をかけよう」

「ナンパしよう。」

 

そう思ったと同時に

 

「否定されたらどうしよう」

「断られたら嫌だな」

「逃げられないかな」

「ブサイクだと思われないかな」

「もし襲われたらどうしよう」

 

という感じで色んな感情が

湧き出てくるんですね。

 

まずはこの恐怖の正体に

気づけない限り、

どんな極上の知識を取り入れても

行動には移せないんです。

 

そもそも

『恐怖』って何なの?

『不安』って何なの?

 

この2つは感情の区別って

イマイチわからないですよね。

 

でも、

どっちも怖いと思ってるんです。

 

 

恐怖とは

実際には起こってないけど

恐れていること。

 

不安とは

現実にすでに起こっていること。

 

たとえば

「貯金残高が減っていく」

「家族から愚痴を言われる」

「上司から怒られる」

「恥をかく」

 

これらは

すでに目の前で起こっている

ことに対する恐れですよね。

 

それが不安なんです。

 

 

恐怖は不安から連想された

妄想によって作られます。

 

「貯金残高が減っていく。」

→「将来ホームレスになるかも…」

→「家族離散」

 

「恥をかいた」

→「もし誰かがSNSで変な噂を

  広めたらどうしよう」 

→「立ち直れなくなるかも」

 

そんなふうに

まだ起こっていないことを

頭で連想してしまうことが

恐怖です。

 

もしこれが恋愛だったら

「出会い」のキーワードに触れた

その瞬間に

 

恐怖の連想ゲームが

始まるんです。

 

「暗い女だと思われたらどうしよう」

「これで失敗したらもう終わりかも」

「そうなったら余計みじめになる」

 

そういった恐怖によって

足踏み状態になるんです。

 

 

でもよく考えてほしいのですが、

今私たちの目の前にある

恐怖ってニセモノなんです。

 

別にそれで命が奪われることは

ないですよね?

 

死ぬはずがないですよね。

 

それでも恐怖を感じるのは

脳が恐怖を欲しているんです。

 

恐怖を感じたくないと

思っているはずなんですけど

脳は恐怖の刺激を

求めているんです。

 

原始時代だったら

サーベルタイガーなどから

命を奪われるかもしれない

本物の恐怖がありました。

 

もしそこで恐怖を感じずに

ボーとしていたら

食べられちゃいますよね?

 

だから

脳の扁桃体が恐怖の信号を送って

いつでも逃げられるように

準備しているんです。

 

そんな時代が

何万年も続いていたので今も

恐怖を感じ続ける脳機能は

残ったままなんです。

 

でも今の時代は

命を奪われる

本物の恐怖がないですよね。

 

そうすると

脳の扁桃体のセンサーが

誤作動してニセモノの恐怖を

作り出そうとするんです。

 

お化け屋敷とか

ジェットコースターとかが

まさにそれです。

 

このように

人間には恐怖を感じたい心理が

奥深くにあるんですよ。

 

まずは

 

私たちが感じている恐怖は

お化け屋敷と同じ

自分で作り出した幻想である

ことに気づく必要があるんです。

 

 

「貯金がなくなるかも」

「自由の時間がなくなるかも」

「仕事に忙殺されるかも」

「趣味ができなくなるかも」

 

全部どこかの誰かが言っていた

ニセモノの恐怖ですよね。

 

それに

惑わされないことなんです。

 

もし

 

あなたが良い人と出会いたいけど

出会えない状態にあるなら

ニセモノの恐怖に気づけていない

可能性がかなり高いと思います。

 

冷静になって考えてほしいのですが

出会えないはずがないんです。

 

この世の中

男と女しかいないんです。

 

電車に乗ったら普通に

男性も女性もいるし

カフェやコンビニに行けば

男性も女性もいますよね。

 

そう考えると

出会える経路は

無限大なんです。

 

出会いがないと

思い込んでいるだけなんです。

 

問題は出会いがないことではなく

ニセモノの恐怖に意識が向いて

出会いに気づけないこと

にあるんです。

 

 

私自身はそうだったので

わかるんですが・・・

 

色んな小さな恐怖のブロックで

異性と出会うこと・・・

異性と付き合うことに

罪悪感があったんです。

 

しかし、

その恐怖の存在に気づいて

無くなったときに

今の恋人と出会えたんです。

 

そして

一切の迷いはありませんでした。

 

これは私の実体験なんですが、

恐怖が取り除けたら

気づけるんです!

 

出会えるんです!

 

では

その恐怖を生み出しているのは

何なのかというと

過去の苦い記憶(トラウマ)です。

 

それは

直接体験したものかもしれないし

両親同士の関係性で生まれたもの

かもしれないです。

 

たとえば

小さい頃からお父さんとお母さんが

常に喧嘩をしていたら、それが

あなたの男女関係の価値観になるんです。

 

まずは正体不明の恐怖に

気づいてください。

 

恐怖に気づけて取り外せた時

あなたの遺伝子が求めている人は

必ず目の前に現れてくれるはずです。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

追伸

今回紹介した恐怖を取り外して

恋愛関係を引き寄せる極意の全貌は

コチラから手に入れられます↓

www.infotop.jp

-----------------------------------------------------------

相談窓口です。

悩み、知りたいテーマ、相談など

どんな些細なことでも

気軽に下記アドレスまで

ご連絡頂ければと思います。

誠意をもって返事をさせて頂きます。

destinyforever.t.n@gmail.com

-----------------------------------------------------------