読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏に聞けないオトコゴコロの本当の秘密

女性の人間関係のお手伝いをする心理学研究室

仲良くなれる人 VS 人見知りの人

マインドセット 人間心理

人見知りの人は

すぐに人と仲良くなれる人を

羨ましく感じるかもしれません。

 

「誰とでもすぐ仲良くなれて

いいよな~」

 

f:id:otokonokokoro:20160919205750j:plain

コミュニティーに馴染めない。

集団から浮いてしまう。

 

そういう悩みがある人にとっては

人間関係で馴染めないというのは

苦痛だと思います。

 

これは実際に私自身も

思っていたことで

 

すぐに誰とでも仲良くなれる人を

見る度に羨ましい気持ちが

湧いてきました。

 

誰とでも仲良くなれれば

人間関係に悩まされずに

済むかもしれない。

 

一種の幻想を抱いていました。

 

しかし、

 

すぐに誰かと仲良くなれる人の

話を聞いていると

人間関係の悩みがない

わけではないんです。

 

色々と話を聞いていくと

かなり深刻そうな人もいます。

 

「関係が長く続かないんだよね~」

「相手を怒らせてしまうんだよね」

というような

関係が持続しないという悩みを

持つ人が多いように感じました。

 

実際に私も「そりゃ失礼でしょ」

と思う場面も

いくつか見てきました。

 

人間関係が長く続くと

感覚がマヒしてきて

空気が読めなくなる

タイプの人も多いんです。

 

社交的な人の特徴として

 

・初対面の印象が良い。

・愛嬌がある。

・セルフイメージが高い。

・新しいものへの好奇心が強い。

・興味の移り変わりが激しい。

・すぐに新しい刺激を求める。

・人間関係は浅く広い。

・飽きっぽい。

・親友と呼べる人間が少ない、

 もしくはいない。

 

 

人見知りの人の特徴

 

・初対面で自己主張が少ない。

・反応が薄い。

・セルフイメージが低い。

・未知への恐怖が強い。

・興味より恐怖心を避けたい。

・新しい刺激を嫌う。

・人間関係が限定的。

・一つのことを続けることが好き。

・昔からの親友が存在する。

 

両者の特徴は

相反するものですが、

 

どちらも

メリットもあれば

デメリットも存在します。

 

ここでいう

『社交的』『人見知り』は

あくまで自分基準であって

外からの評価は意外と違ったりします。

 

たとえば

「私は人見知りです」と思っていても

周りから「そうは見えないよ」

と言われる人は

多いんじゃないでしょうか?

 

だから

あくまで自分自身の評価であり

セルフイメージの話です。

 

 

まず

『社交的な人』から見ていくと

 

とにかく初対面での印象がいいです。

 

周りの人も

「この人となら仲良くなれる!」

「いい人そう。」

と思って関心を示します。

 

ただし、

誰とでもすぐに仲良くなれて、

好奇心も強い傾向にあるので

付き合う人をコロコロ変えていきます。

 

ようは

“浮気性の傾向が

強く出やすいです。”

 

そうなると周りの人も

「この人はあまり自分と

付き合う気がないんだな・・・」

と感じて離れていきます。

 

そして

 

誰とでもすぐに仲良くなれるため

離れていく人に対して

あまり執着心もありません。

 

周りから見れば

淡白な印象を受けやすいです。

 

第一印象はいいけれども

信頼性の構築が苦手なので

長く付き合うごとに

人からの信頼が下がる

傾向にあります。

 

「え~俺そんなに薄情じゃねえよ!」

という声も聞こえてきそうなので

あくまでそのような傾向にある

程度に思ってください。

 

 

一方で

 

『人見知り』の人は

初対面での反応はいまいちです。

 

人と仲良くなることに

苦手意識があるので、

人から離れたくなります。

 

しかし、一旦仲良くなると

自分と仲良くなれた相手を

自分のことのように

大切に思うことができます。

 

初めのほうこそ、

興味よりも警戒心が大きいですが、

付き合いが長くなるほど、

興味が増していきます。

 

信頼構築が上手なので

生涯の伴侶を

見つけやすいのも特徴です。

 

ただ、一人の人に対しての

執着が強い傾向にあるので、

 

“自分を大切にしない相手は

許せなくなります。”

 

人間関係の偏見が強すぎると

同じ人ばかりに関係が偏って

ストーカーになったり

相手を束縛する恐れもあります。

 

 

やはりどちらも

バランスが必要だと思います。

 

もし

あなたが人間関係で同じ問題を

引き起こしてしまうなら

どちらかの傾向に

偏っている可能性があります。

 

自分がどちらの傾向にあるのか?

まずは探ってみてください。

 

私自身、今では人間関係に

すごく恵まれるようになりましたが、

今では常に思い続けている

マインドセットがあります。

 

それは・・・

相手に寂しい思いを

 させないこと

 

人って自分のことが

大好きなんですよ(笑)

 

私もそうです。

 

あなたもそうだと思いますが

無視されるより

注目してもらえた方が

うれしいですよね。

 

そう、

コミュニケーションのポイントは

フォーカスは

常に相手に向けること。

 

主語に自分を入れないことです。

 

そうするとその瞬間、

自分の気持ちを忘れて

相手の気持ちに注目するので

自分のことで悩まなくなるんです。

 

そして

そういう人は認められようと

ガツガツしてないので

好かれるし興味も持たれます。

 

常に

「俺は~」「私は~」と

自己アピールする人よりも

興味をもたれやすいんです。

 

 

しかし、

これができるのも

あくまで『自己承認欲求』が

満たされているのが前提です。

 

『承認欲求』は付き合いの中で

無意識に出てくるものなので

無理矢理抑え込もうとすると

どこかで無理が生じます。

 

まずは両親と和解によって

承認欲求を整えたり

過去のトラウマの解除など

本質はそこにあると思います。

 

 

私も今でこそ

偉そうなこと書いていますが

もともと人が苦手だったんです。

 

集団の中にいると一言もしゃべれず

ポツンと孤立するタイプだったし

誰も構ってくれなかったら

自分からその場を離れていく。

 

そんな人間だったんです。

 

でも結局のところ

何が私を変えたのかというと

やっぱり基礎の潜在意識から

書き換えたからです。

 

そこからトントン拍子で

人間関係が変わりました。

 

そして

これは私の経験談ですが・・・

 

基礎の部分を立て直せれば

会話術のノウハウなんて

必要がなくなるんです。

 

なぜかというと

自分で上手くいくための

ノウハウを無限に生み出すことが

可能になるからです。

 

家だって基礎の杭や骨組を

適当に作ったら

いくら綺麗に塗装しても

地震が起こればすぐ壊れますよね?

 

結局はそれと同じなんです。

 

ここまで読んで下さっている

あなただからこそ、

本当に大切なことを

情熱を込めて伝えさせて頂きました。

 

過去の記事にも大切な部分は

伝えさせて頂いていますので

是非ともそちらもご覧になって頂けると

嬉しく思います。

 

長くなりましたが

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

追伸

当ブログで紹介している

人間関係・恋愛関係構築の全貌は

コチラで手に入れられます↓

www.infotop.jp

-----------------------------------------------------------

相談窓口です。

悩み、知りたいテーマ、相談など

どんな些細なことでも大丈夫です。

気軽に下記アドレスまでご連絡ください。

destinyforever.t.n@gmail.com

-----------------------------------------------------------