読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏に聞けないオトコゴコロの本当の秘密

女性の人間関係のお手伝いをする心理学研究室

人生のソウルメイトと出会えた手紙

共に人生を歩みたいソウルメイトを

116日で引き寄せた1通の手紙。

 


 

今の私は

時が経つほどに

パートナーとの絆を

深まっています。

 

普通は逆ですよね。

 

最初、付き合いたての頃は

異常に盛り上がって

時間が経つ事に冷めていきます。

 

冷めて出てくるセリフは

「なんで、こんな人

好きになったんだろ?」

 

 

挙句の果てには

カフェなどで自分の恋人の悪口をネタに

友人同士で盛り上がっている有様を

よく見かけます。

 

「そりゃないでしょ・・・。

自分で選んでおいて。」

 

本心はこう思っていましたが、

同時に、その時こう思いました。

 

それだけ今の世の中、

異性に対して本心から

分かり合えないんだろうな…。

 

このように男女関係が

風化してしまう人が多いのですが、

現在の私は逆です。

 

時が経つごとに

「この人を大切にしていきたい・・・。」

 

男女の恋愛の次元を超え、

時間の経過と共に魂レベルで

深まり続けていく。

 

そんな感覚すら

自分の中にあります。

 

関係が磨き続けられるのは

すべては生きた本物のマインドが

深層心理に根づいてからです。

 

もし昔の自分のまま

今のパートナーと出会えたとしたら

おそらく今ほどの信頼関係は

作れてなかったと感じています。

 

たとえ、結婚したとしても

 

かつての私の性格を考えると

本音を話すことができない

仮面夫婦』になっていた

可能性も否定できません。

 

それほど人を信頼できず、

人との深い関係を避け続け

否定し続けた人生を歩んでいました。

 

そんな凍りついた私の心を

溶かしてくれたのが、

それを教えてくれた人の存在と

今のパートナーの存在です。

 

 

『自立』『依存』とは無縁の

世界最強最少のチーム

 

それが

『ソウルメイト』の存在です。

 

『ソウルメイト』という

言葉を使うには抵抗があって

最初はうさん臭さすら感じました。

 

スピリチュアル的な響きもあるため

表現することを避けてきました。

 

しかし、

『魂で分かり合える人』を

表現するには

この言葉しか思い浮かばなかったのです。

 

人生のソウルメイトとの出会いは

 

あなたの一生涯を通して、

価値が増え続けるもの

 

さらに言えば、

あなたの子供や子孫にも

受け継がれていくもの

 

私自身、恋愛関係において

結婚することなど

ゴールとは思いません。

 

結婚自体に

本質的価値があるとも思いません。

 

それはなぜか?

 

 

結婚の概念そのもの自体、

人間が自分たちの都合で

作り出したルールであり

そこに価値はないからです。

 

 

人間(他人)が作り出した

蜃気楼を追い続けても

一生幸せにはなれない。

 

 

これを心のどこかで感じている人は

多いのではないでしょうか? 

 

人は心のどこかで自分のすべてを

分かってくれる異性を求めています。

 

DNAレベルで

あなたが欲している真の欲求

 

一体それは何なのか?

 

結婚の概念すら存在しない時代から

男女が生殖し新たな生命が誕生し、

そのループを繰り返してきた歴史の中で

今あなたは存在できているはずです。

 

男女が出会い、生殖するその営みに

『快楽』を感じるようにDNAに

プログラミングされているのです。

 

つまり

 

私たちが幸せを感じられるかどうか

欲求の深い部分を辿っていくと

 

「肉体的にも精神的にも繋がりたい」

と細胞レベルで想い合える人に出会えるか?

 

そこにかかっていると思うのです。

 

この現代社会で生活していると

あなたが気づきもしないトラップによって

『真に求めている価値観』を麻痺させられ

忘れさせるように意図されているのです。

 

 

“根拠のかけらもない広告”

 

「女性は30歳までに結婚しないと

タイミングを逃しますよ。」

「こんな男性があなたを幸せにしてくれます。」

「良い男を見るときは●●××を要チェック!」

「親を心配させない婚活を・・・」

 

こういった広告や雑誌を一度や二度は

目にしていると思います。

 

私たちの男女関係を阻害する1つに

何気なく触れている

メディアの刷り込みがあります。

 

このようなほんのちょっとの繰り返しが

あなたの脳細胞に深く刻み込まれて

人生の歯車を狂わされていきます。

 

 

それは正しい正しくないの

問題ではありません。

 

の思い込みが

あなた自身が描く幸せに

直結しているか?

 

それが問題です。

 

 

 

「早くいい異性を見つけなきゃ・・・」

と焦らせ、

「幸せになるためにはこんな男性と結婚しなさい。」

と根拠のないデータを無理やりこじつけられ、

 

あなた自身の異性の好みさえ

勝手に決められてしまう。

 

そして・・・

 

女性の社会進出が進むことによる

“過度の自立に対する依存”

 

現代社会では過度に

「自立しなさい!」

「大人になりなさい!」

そういったあり方が蔓延しています。

 

それによって

人に頼れなくなっている人

人と助け合うことができない人が

非常に増えてきているのです。

 

当たり前ですが、

この世界は決して

1人で成り立っているわけではありません。

 

人と人とが助けあって

成り立っています。

 

「依存したら嫌われてしまうし、

相手にも迷惑をかけるわ。」

 

 

それによって

自分の良い部分しか見せられなくなり、

一線を越えた深い繋がりを

作れなくなっているのです。

 

あなたが求めている異性は

自立・依存の一線を超えた

「人」だと思うのです。

 

 

「人を好きになる感情がわからないんです。」

「理想の人がなかなかいなくて・・・」

 

勘の良いあなたは薄々と

感づいているかもしれませんが、

このような状況になってしまうのは

当然であり、なるべくしてなった結果です。

 

 

現代社会では気づかないうちに

人と深い繋がりを求める

コミュニケーションは「タブー」だと

無意識に刷り込まれているのです。

 

私自身も2年ほど前までは

「恋人なんかより面白いことがあるし」

「そんなことに労力を使う時間はない」

「そんなものに興味ない」

 

そんな言葉を普通に吐いていました。

 

男女の愛とか

その言葉を聞くだけで

虫唾が走っていました。

 

「1人で暮らせれば必要ないだろう」

 

自分さえ良ければそれでいい。

 

そんな考えの持ち主でした。

 

そんな極端な考えに偏っていた私も

ときどき1人になった瞬間、

虚しさを感じるときがありました。

 

思考と感情のズレに

少しずつ気付き始めたのです。

 

「これから一生を共にしたいと思える

パートナーよりも大切なものとやらは

いつまで大切だと感じられるのか…?」

 

1年後には

飽きているかもしれません。

 

10年後には思い出せないくらい

跡形もなく忘れているかもしれません。

 

そう考えたとき

今自分が重要だと思いこんでいることは

実は大して重要ではないのかもしれない

と思い始めたのです。

 

もしあなたが心の奥底で

わかりあえる人が欲しいのに

出会えていないのであれば・・・

 

周りから無意識に刷り込まれた

幻想や妄想に

振り回されている可能性があります。

 

人生のパートナーを

116日で引き寄せた

1通の手紙

  

 

 

言葉にすると難しいのですが、

 

これから何十年と続く人生の上で

恋愛、人間関係の枠を超え、

とてつもなく大切な宝を手にした。

 

そんな感覚でした。

 

私たち人間が価値があると

思わされている多くのものは

よくよく考えてみると

大して重要ではなかったりします。

 

 

私たちが元々もって

生れてきたもの。

 

人を愛する気持ち。

 

それこそが

本当に大切なものです。

 

書いていて恥ずかしくなる言葉ですが、

今は本心からこう思っています。

 

私が手に入れたのは

知識とか知恵とかそんなものではなく

 一生涯高め続けられる資産でした。

 

 

もし、

今持ってしまっている価値観が

あなたの幸せに直結していないならば・・・

 

早くそれに気づいて

変えていかない限り、

限られた人生の時間は

何も変わらないまま過ぎていきます。

 

どんな人であれ、

死ぬ前に共通して

語る言葉があります。

 

それは

「もっとお金持ちに生まれたかった」とか

「もっと出世したかった」とか

「もっと高級車に乗りたかった」とか

「もっとイケメンと付き合いたかった」とか

 

そういった言葉はありません。

 

「家族をもっと大切にすればよかった…」

「もっと周りの人を大切にすればよかった…」

「もっと奥さんに愛を伝えたかった…」

「もっと旦那さんを愛したかった…」

「もっと子供たちと大切な時を過ごしたかった…」

 

 

人が亡くなる前に語る言葉は

人が心の底から大切にしたかった

本当に求めているものだと

 

私はそう思います。

 

 

最終的には『人への愛』

 

そこが終着点なのだと思えるのです。

 

もしあなたがこのメッセージに

少しでも共感するところがあれば、

こちらの手紙を

一度目を通してみてください。

 

そして、自らの人生(物語)を

変える許可を出せた時、

人生を変えるための新しい一歩を

踏み出してみてください。

 

ソウルメイトを引き寄せた手紙↓


相談窓口メールアドレス

destinyforever.t.n@gmail.com