読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏に聞けないオトコゴコロの本当の秘密

女性の人間関係のお手伝いをする心理学研究室

草食系男子が増殖する本当の理由

ご存知かもしれませんが、

ここ数年間、

『●●系男子』という言葉が

よく使われていますよね。

 

基本的に女性に対する

男性の対応によって

命名されているようです。

 

『受け身』『消極的』『ヘタレ』

『超積極的』『アグレッシブ』

『育児上手』など

 

色んなレッテルがあります。

 

そしてその後、命名されます。

 

代表的なのが

『草食系男子』『肉食系男子』に始まり、

『断食系男子』『絶食系男子』など

現在、60種類ぐらいできているようです(笑)。

 

今でこそ多少ポジティブな捉え方をしてますが

ほんの少し前までは

『今時の若者男子』の

消極的評価のツールになってたと思います。

 

「今時の若者は・・・」という言葉は

面白いことに今も昔も使われています。

 

10年前、20年前、

若者だった人も現代の若者に対して

使っているのをけっこう見かけます。

 

「俺らが若いときは

もっと恋愛に積極的だったのに・・・」

と嘆きの言葉をよく聞きます。

 

確かに色んな娯楽ができた分

若者の恋愛へのパッションは

少なくなっていると思います。

 

しかし、

数十年前はお見合い結婚が

主流だったところを見ると

あまり大差ないように感じます。

 

 

日本人は今も昔も恋愛に消極的です。

積極的な人はほんの一握りだけです。

 

特に男性は消極的です。

私もかなり消極的でした。

 

私もおそらく草食系男子の部類なので

彼らの生態は大体把握しています。

 

そんな恋愛に消極的な男性の本音です。

 

「俺なんかが声をかけたら迷惑かな・・・」

「彼女の大切な時間を使わせたら悪いな・・・」

「他の男と比べられたらどうしよう・・・」

「俺のファッション、ダサいかな・・・」

「雑誌にはこんな男性は嫌われるって

 書いてたし・・・」

 

これを見てどんな感想をもちましたか?

 

「男らしくない」

「意気地なし」

「あ~なんかイライラするな~」

「もっと自信もてばいいのに」

 

いろんな意見があると思います。

 

 

ただ、

恋愛に対して興味はあるけど

積極的になれない男性もけっこう多くて

中にはかなりの努力家もいます。

 

というよりも

むしろそんな人が多いと思います。

 

女性が喜ぶ事が何なのか調べたり、

密かにスポーツで体を鍛えたり、

ファッションセンスを磨いたり、

 

女性に話しかけるのが苦手な分

他の面でカバーして

女性の興味を引き付けようと

自分磨きをしてる人が実は多いんです。

 

しかし、

その努力がバレたくないので

あえて

興味がないフリをしたりします。

 

これも

『女性に感情を支配されたくない』という

男性心理の一つです。

 

草食系男子といっても色んな人がいるので

一概にそうだと断言はできませんが・・・。

 

しかし、恋愛に積極的になれない男性には

ある共通の感情があります。

 

 

何だと思いますか?

 

「わかった!やさしすぎるんですね?」

 

それも答えの1つです。

 

 

「わかった!自信をもてないんですよね?」

 

それも大事な要素です。

 

 

でももっと大きな感情があります。

 

 

それは

『罪悪感』です。

 

女性に声をかける事を

悪いことだと思っています。

 

相手に迷惑をかけると思っています。

 

自分に比べて女性を必要以上に

綺麗な生き物だと思っています。

 

ナンパは罪深いものだと思っています。

 

セックスは汚いものだと思っています。

 

 

『恋愛すること』『性行為すること』を

汚く罪深いものだと思っています。

 

これは本当に重要で

日本の多くの男性に

深く刻みこまれた心理です。

 

罪悪感って

そもそもどうやって生まれたのか?

 ・・・・・・。

 

それを考えたとき1つ答えが出てきました。

 

 

それは洗脳です。

 

洗脳っていう言葉を聞くと

「宗教かな~」「怪しいな~」

とか思うかもしれませんが

私たちは常日頃から洗脳を受けてるんです。

 

教育もそうです。

道徳や法律もそうです。

メディアもそうです。

 

洗脳の

わかりやすい例があります。

 

たとえば

家族でテレビを見ている時に

Hなシーンやお色気シーンが出てきたとき

凍りついた空気になりませんでしたか?

 

急にソワソワして席を外したり、

沈黙してうつむいたり

目を合わせられなかったり

 

そうやって男女関係を

汚らわしいもの、

隠さないといけないもの

そういう感覚が生まれました。

 

男性はHな本をこそこそ隠します。

女性はHな会話をハシたなく思っています

 

恥ずかしい。

悪いことをしている。

 

罪悪感をもっている証拠です。

 

表層面の意識は罪悪感をもっているのに

動物的本能では異性を求めている。

 

求めてる欲求と思考に

大きなゆがみが生じているんです。

 

これが

草食系男子、草食系女子を増殖させてる

本当の実態です。

 

性への罪悪感の洗脳から解放されない限り

どんなに心理学を学ぼうとも

どんなに自分磨きをしようとも

男女関係は上手くいかないんです。

 

せっかくくっついても

罪悪感に耐えきる事ができず

破局してしまうこともあります。

 

逆に罪悪感のストレスから

不倫に走りだす人もいます。

 

「じゃあ、どうやったら罪悪感を

 消すことができるんですか?」

 

その疑問にお答えしたいところですが、

答えは一つじゃないんで

まずは自分の過去に何があったか

振り変えることをおすすめします。

 

罪悪感の正体は過去にあります。

 

 

もし今すぐに男女関係を何とかしたい人も

いると思います。

 

その場合、こちらの教材を紹介しますので

興味があれば一読下さい。

www.infotop.jp

 

私は恋愛系の書籍や教材は

あまりお薦めできません。

 

無責任だし、表面的だし、

著者本人の自慢話が多くて

大概、どうやって付き合うか

までしか考えられていないし、

 

何より

本質的なものが少なすぎるからです。

 

しかし、この教材は

理想のパートナーと出会って

男女関係を

人間の欲求レベル、遺伝子レベルで

長続きさせる秘訣まで語られています。

 

私が恋愛系の教材でオススメできるのは

唯一これだけです。

 

真剣に夫婦関係を改善したい人

これから大切な異性に出会いたい人

幸せな結婚生活を送りたい人にのみ

オススメします。

 

 

「テクニックだけを知りたい方」

「人生を改善する意思がない方」

「実践する気がない方」

「本質に興味がない方」

にはオススメしません。

 

夫婦関係は人生の半数以上を占めます。

 

そういった意味では

私自身投資する価値はあると思います。

 

www.infotop.jp

 

-----------------------------------------------------------

相談窓口です。

悩み、知りたいテーマ、相談など

どんな些細なことでも大丈夫です。

気軽に下記アドレスまでご連絡ください。

destinyforever.t.n@gmail.com

-----------------------------------------------------------