読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏に聞けないオトコゴコロの本当の秘密

女性の人間関係のお手伝いをする心理学研究室

5つの愛の言語タイプ

「自分の愛は伝わっているのかな?」

と心配になったりしませんか?

 

人はそれぞれ

愛情を感じるタイプが違います。

 

アメリカの著名な心理カウンセラー

ゲーリー・チャップマン博士が

唱えたものですが、

 

人間の愛情タイプは

『5つのタイプ』に分類されます。

 

あなたは

“どの特色が強いのか”

彼は

“どの愛情表現に喜びを感じるのか”

 

これをわかっておくと

相手との仲がいっそう深まります。

 

逆にあまりわかっていないと

2人の愛情に温度差を感じます。

 

愛情が伝わらないんです。

 

たとえば、

目の前に怖そうな外国人がいて

あなたに対して知らない言葉で

「愛してる」と真顔で言われたとします。

 

何言ってるかわからないですよね?

 

わからない言語で真顔で

「愛してる」と言われても

「殺してやる」とあなたは

解釈するかもしれません。

 

それと同じで

言語が違うと愛が通じないんです。

 

 

言葉で愛情を感じる女性に

プレゼントで愛情表現しようとすると

 

男性「俺が汗水たらして稼いだお金で

   こんな高価なプレゼントをしたのに

   何が不満なんだ!」

 

女性「私のこと何もわかってくれてない!

   私はそんなもの欲しいんじゃないわよ!」

という感じになります。

 

 

他にもよくあるのが

あなたがスキンシップで

愛情を感じるタイプだとして

いつも彼にキスを求めていたとします。

 

でも彼はいつも仕事に疲れていて

奉仕してもらうことで

愛情を感じるタイプだとします。

 

 

愛情のタイプが違いますよね?

 

そこから溝が深まっていくんです。

 

『価値観の違い』を感じるのは

この5つの愛情タイプを

わかってなかったゆえに

発生することが多いのです。

 

これから

『5つの愛の言語タイプ』について

詳しく解説していきますので

自分と相手がどのタイプなのか

見極めてください。

 

 

タイプ1:言葉タイプ

 

『言葉で愛情を表現してほしい』

それが言葉タイプです。

 

「いつもありがとう」「感謝してるよ」

「好きだよ」「愛してるよ」

 

言葉で愛情を伝えてもらえることで

「自分は愛されているんだ」

と実感できるタイプです。

 

女性に多いタイプです。

 

男女関係でトラブルが多いのは

「なんで愛してるって言ってくれないの?

もしかして体目当てなんじゃないの!?」

と思ってしまう女性が多いんです。

 

実際にその可能性も否定できませんが、

彼自身がスキンシップで

愛を表現したいタイプの可能性も

あるということです。

 

 

タイプ2:スキンシップタイプ

『触れ合いで愛情を伝えてほしい』

それがスキンシップタイプです。

 

『手をつなぐ』『ハグする』『キスする』など

スキンシップによって愛情を感じます。

 

会話とか特になくてもいい。

とにかく触れ合いたい。

 

そう感じる人は

スキンシップタイプの可能性が高いです。

 

 

タイプ3:プレゼントタイプ

『贈り物で愛情を感じるタイプ』

 

プレゼントを贈ること

プレゼントを受け取ることで

愛情を感じる

 

それがプレゼントタイプです。

 

誤解されがちですが

このタイプの人は物がほしい

というわけではありません。

 

決して高価なものがほしいのではなく

『物』を通して、愛情を感じたいのです。

 

たとえば

 

「これ、誕生日プレゼントに

彼がくれたブレスレットなんだ」

という感じで

それを見ることで愛情を強く感じます。

 

思い出の品を大事にする人は

プレゼントタイプの可能性が高いですね。

 

 

タイプ4:時間共有タイプ

『時間、空間を共有して

愛情を感じるタイプ』

 

同じ空間、同じ時間を共にすることで

深い愛情を感じる

 

それが時間共有タイプです。

 

いっしょにスポーツを楽しみたい

いっしょに旅行に行きたい。

 

何かをいっしょにやって取り組むことで

愛情を感じやすい人です。

 

イベント好きの人、

誰かと旅行するのが好きな人は

このタイプの可能性が高いです。

 

 

タイプ5:奉仕タイプ

『何かをしてもらうことで深い愛情を感じる』

それが奉仕タイプです。

 

相手に奉仕することで愛情を表現し、

相手から何かをしてもらうことで

愛情を感じるタイプです。

 

「肩を揉んでくれた」

「家事を手伝ってくれた」

「料理をふるまってくれた」

など

 

「私のためにしてくれてるんだ」

と実感することで愛情を感じます。

 

このタイプは普段から

頑張っている人、

我慢強い人に多いです。

 

普段自分がやるのが当たり前と

思っていることを

他の人がやってくれると

感動します。

 

以上、5つのタイプになります。

 

このように愛の感じ方には

それぞれタイプがあるんですね。

 

それぞれ異なった現実をもっている

ということです。

 

まずは、相手の現実を知ることです。

 

ケンカや戦争もすべて

相手の現実を理解しないことが

始まりになるんです。

 

夫婦喧嘩でも

女性「なんで話を聞いてくれないの!?」

男性「俺は忙しいんだ!後にしろ!」

というのはよくあると思うのですが・・・

 

お互いの現実を理解してないですよね。

 

しかし、

愛の言語タイプさえ知れば

相手に対しての対応を変えることが

可能になるのです。

 

愛の言語タイプを知ることは

相手の現実に入るということなんです。

 

相手の現実が見えさえすれば

もっともっと人間関係が

スムーズになるはずです。

 

「どのタイプかわからないよ」

という場合もあると思います。

 

そんなとき、

自分が不満に思っていること

相手が愚痴を言っていることに

注目してください。

 

不満に感じていること

『5つの愛の言語タイプ』

を見極めるポイントです。

-----------------------------------------------------------

相談窓口です。

悩み、知りたいテーマ、相談など

どんな些細なことでも大丈夫です。

可能なものはブログで紹介させていただきます。

気軽に下記アドレスまでご連絡ください。

destinyforever.t.n@gmail.com

-----------------------------------------------------------

 

 

世間の声に惑わされず、

あなたの細胞、DNAレベルでつながりあえる

異性に出会いたい方、必見です。

運命の異性は頭ではなく体が反応するものです。

 

参加してみると確実に恋愛に対する概念

そのものが激変し、あなたの理想の恋人が

自動的に引き寄せられるですが、

下記の手紙を読むだけでも

あなたの思考に変化が訪れると思います。

 

詳しくはこちらから一読下さい↓

www.infotop.jp