読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏に聞けないオトコゴコロの本当の秘密

女性の人間関係のお手伝いをする心理学研究室

感情共有に必要なもの

「人と気持ちを共有したい・・・」 そう思ってもできない人は結構 多いかもしれません。 「迷惑をかけてはいけない」という 過剰な刷り込み。 私自身はそれによって異常なまでに 遠慮をし過ぎて自分を出すことを 恐れていました。 結果的には遠慮することで…

共に成長する喜び

対話への考えを改め始めたのは 今から1年半ほど前ですが・・・ それ以前の私は、 自分自身の成長だけしか 考えていませんでした。 誰よりも優れたい。 誰よりも上達したい。 誰よりも認められたい。 誰よりも・・・ 誰よりも・・・ その思いが全面に出過ぎ…

相手の痛みをわかるチカラ

自分の本当の気持ちを知りたい。 自分の本当の望みは何なのか? お風呂に入ってる時間 トイレに入ってる時間 1人でいられる時間には 自分の感情と向き合いました。 自分のことを知りたい。 自分のことを聞いてほしい。 自分のことをわかってほしい。 私自身…

自己欺瞞VS素直な感情

自分を騙す行為。 『自己欺瞞』と言いますが、 人は自分を欺く行為を 無意識の内にやっています。 それは私も同じで 今生きているこの瞬間に 自分を欺こうとしています。 私自身、 自己欺瞞の心理を知らないときは、 何度もこれに苦しめられてきました。 自…

感情コントロールは不可能!?

自分の感情をコントロール できるようにしたい。 そう思えた背景には 昔は抑えることができた感情が うつ病をきっかけに制御が きかなくなった。 そしてそれが原因で 周りとの 特に家族関係が 上手くいかなくなった。 そういった苦い記憶が根本に ありました…

芽生えた感情学のチカラ

コミュニケーションへの 新たな挑戦。 私自身、何か新しいことをするとき 悩むには悩むのですが、 昔から行動は突発的でした。 新しいスポーツを始めるときも そうですが・・・ 大概大した理由はありません。 たとえば スラムダンクを読んで バスケをしたく…

自分の理解から他人への理解へ

相手の気持ちが分からない。 分かりあえない。 私自身が対人関係で 大きく悩んでいたことでした。 他の人から見れば ただ深刻に悩みすぎていた ように見えていたようです。 「あまり考えすぎない方がいいよ。」 「分かり合えないのは当たり前だよ。」 と諭さ…

伝えたい想い

ここ最近の記事では 私が実践で体験したことを エピソード形式で お届けしています。 ストーリーとしてお届けしたい理由は 単発のノウハウコンテンツよりも 自分の経験を通した方が誤魔化しがなく 全体像をありのまま伝えやすいからです。 私自身の良い部分…

新たなゼロスタート

母への手紙を書いていた中で 自分の欲求の数々に 気づくことができました。 「本当はこんな言葉をかけて欲しかった。」 「もっと褒めてほしかった。」 「もっと自分を頼って欲しかった。」 正体不明だった感情の数々が 少しずつ 感じ取れるようになりました…

両親との和解、そして成長

私自身、習慣を変えたことで 3ヵ月の間で色んなことが大きく 変化しました。 しかし、 変化の喜びとは裏腹に 心理的に大きな負担が 自分にのし掛かっていました。 人には変化を嫌う本能があります。 『恒常性維持機能』 ホメオスタシスとも言われるもので 自…

蘇生された体と思考

抗うつ薬、精神安定剤、 睡眠導入剤、睡眠持続剤、 めまい止め、吐き気止め、 胃腸薬など 薬の副作用を打ち消す薬を 合わせれば19錠飲んでいた 時期もありました。 薬によって気分や性格を コントロールする。 その期間が3年以上 続いていました。 唯一楽し…

30日間の意識改革

見ている景色・状況は 同じはずなのに・・・ 見えているもの 1つの物事から感じ取るものが まるで生き物のように毎日 目まぐるしく変化していきました。 テレビで喩えるなら アンテナが変わったような 感覚です。 潜在意識の概念を取り入れた 最初の段階は期…

暗闇を照らした一筋の光

人嫌いでコミュニケーションを 嫌がっている自分。 でも周りから見れば社交的で 話しやすく見える・・・。 どう考えても 自分の感情や思考の在り方に 問題があったのは明白でした。 「そもそも何で 人との関わりに苦手意識が 芽生えたんだろう?」 過去どこ…

暗闇を抜けようとしたとき

2014年10月頃 うつ病を患って3年過ぎた頃 ようやく前へ向いて歩き始めたい と思えるようになりました。 その時は本当に夢も希望も 持てませんでした。 マイナスの状態からとにかく ゼロに戻りたかったんです。 「とにかく薬を飲まなくても 大丈夫な体になり…